プロフィール

ライズドッグスクール

Author:ライズドッグスクール
JKC,PD公認訓練士

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2015/02/28 (Sat) 22:19
クール君、又ね☆


10ヶ月に渡りお預かりしていたオーストラリアンシェパードのクール君。今日、とうとうお家に帰って行きました。飼い主さんが長年の夢を叶えられどうしても、10ヶ月の期間必要でその間訓練を兼ねてクールをお預かりしていました。お預かり当初は、反抗したときもありましたが、すっかりスクールに慣れ日々淡々と(笑)生活していました。飼い主さんに連れられて嬉しそうに帰るクールを見ているとこちらまで嬉しくなりました。そして、ちょっぴり寂しくなりました(笑)そして、今お預かりしているボーダーコリーのレラちゃんもそうですが、この子の飼い主さんも超難関の国家試験に合格され春から新しい生活を始められます。夢を叶えられ新しい生活を始められる飼い主さんのスタート地点にご愛犬をお預かりすることで触れることが出来たこととても幸せな気持ちで一杯になりました。どうか、この先もお2人の新しい人生が素晴らしいものになることを願ってやみませんでした。春からまた、少しお預かりすることになっているクール君。また、会える日まで待ってるからね!

150220_154845.jpg
ホテルでお預かりしているレラちゃん。放棄されたレラを何と沖縄まで保護するため引取りに行かれたそうです。当初は、全てに怖がりひどい状態だったそうです。でも、今は飼い主さんの愛情一杯の中で生活しとても安定した性格で言うことも聞き明るくとても良い子です。幸せになれて良かったね!レラちゃん!

2015/02/27 (Fri) 22:46
ぽっちゃりのあずさちゃん。

150219_150722_20150219210103022.jpg
訓練でお預かりしているバーニーズマウンテンドッグの女の子あずさちゃん。写真が撮れていなくて同じものですみません。性格がとても良くて物怖じせず人懐っこくてまだまだ、仔犬という感じでキュートという表現が一番似合いそうな子です。素直で訓練もとても順調です。食欲も良くあっけらかんと(笑)していてストレスなどは感じていないように思います(笑)膝が余り良くないと獣医さんに診断されたそうで一日3回膝の曲げ伸ばしのストレッチをしています。体質が柔らかくセントバーナードのキャンディちゃんの仔犬の頃を思い出します。キャンディは、今でも柔らかいですが(笑)とっても、キュートなあずさちゃん。明日も楽しもうね!

2015/02/26 (Thu) 23:19
ふわふわのニポポくん。

150225_123650.jpg
訓練でお預かりしているニポポくん。一昨日シャンプーをしてフワフワです。ニポポは今大学科に向けて頑張っています。ニポポは、真面目なようで時々ふざけて走り出そうとしますのでここはしっかりと訓練をしておかないといけないと思い頑張っています。ニポポは、お預かり当初は私の事を余り認識しておりませんでしたが最近は、訓練をしてくれる人と認識してどこにいてもニポポの視線を感じます(笑)私を見て喜びを表現して尻尾を振ったりするのを見るととても安心します。お預かり当初は感情が余り外に出ませんでしたので気持ちが通じるのか不安でしたが随分慣れてくれました。最近は、ボールなども咥えるようになりロープのおもちゃでは引っ張りっこが少し出来るようになり意欲が出てきました。明日も、頑張ろうね!ニポちゃん!

2015/02/25 (Wed) 21:03
北海道犬の翔ちゃん。

150222_161405.jpg
長期でお預かりしている北海道犬の男の子翔ちゃん。この子は、生後3ヶ月の時に訓練にお預かりしてとても良く訓練が入り飼い主さんの女の子と一緒に競技会に出場したり本当に良い子に育ちました。すっかり、オスらしい風貌になりましたが仔犬の頃に会った人の事はしっかりと覚えていて喜ぶ態度が違います。毎日、ボール投げをして沢山運動をして伸び伸びと過ごしています。訓練も好きでとても良く動きます。フレンドリーな北海道犬の翔ちゃん。明日も、良い日になるよう遊ぼうね!

2015/02/25 (Wed) 20:54
久し振りのリック君。


数年前にしつけ教室で通ってきてくれていたチワワのリック君。先日ペットホテルで来てくれました。当時は、咬むということに困られてしつけ教室に通ってきてくれていましたが数回で落ち着き今回お預かりしたときにはとても落ち着いていて殆ど毛布の中にいました(笑)可愛いリックくん。皆と仲良くお幸せにね!

2015/02/24 (Tue) 23:06
新米の兵隊さん(笑)

150216_160635.jpg
訓練でお預かりしているアスラン君。今では、障害飛越も出来るようになりダンベルも持ってきて座れるようになりました。先日、飼い主さんが面会にいらっしゃって訓練をお見せしたのですがアスランの脚側行進(横について歩く)の歩き方を見て後ほどメールを頂き、新米の兵隊さんのようなコミカルな歩き方がアスランらしいとおっしゃっていてその表現にとてもアスランへの愛情を感じ、今でもその言葉が思い出されほんわかした気持ちでおります。アスランは、仔犬の頃頭をぶつけた事で神経の伝達回路といいますか、そういうものが少しスムーズに行かないのかも知れません。訓練の後にお腹を撫でたりするのですが仰向けになったアスランは後ろ足が立っているときと同じままの格好で空中に浮いているといいますか、他の子はもう少しダランと足を地面につけますが、アスランは筋が張っているというのか筋肉が緊張している感じがします。それなので、前足も多分関節の周りの筋肉が張っていてしなやかに動かないので棒のような動きになるのでそれが“新米の兵隊さん”のようになるのでしょう(笑)でも、それだけで理解力もありますしアスランを最初に連れてこられたときに、うちの子脳の発達が遅れているのですみませんとおっしゃっていましたが、初めてアスランを見たときに全く普通に見えました。脳の発達が遅れている子は顔に少し出ますが、アスランにはそれがありませんでしたのでその意味が良く分かりませんでした(笑)今でも、アスランが遅れているとは感じませんし最初の印象はやはり合っていたのだと思っています。真面目に頑張るアスラン君。明日も又頑張ろうね!

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE