プロフィール

ライズドッグスクール

Author:ライズドッグスクール
JKC,PD公認訓練士

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2012/09/29 (Sat) 21:06
少し慣れてきたブランちゃん。


ここ数日、少し表情が明るくなってきたブランちゃん。尻尾も少し上に上げるようになり急に怖くなる事も少なくなってきました。顔をしっかりと見上げるようになってきて不信感も無くなって来たようです。環境にも慣れてきたようで、他のお預かりの子(自分より弱そうな子(笑))に吠えてみたり外で、はしゃぐようになり私が盛り上げようと色々な動作をしても乗るようになって来ました。おやつの食べ方も、普通になりましたがたらは飽きたようでキャンディに上げているフランス製のジャイアントパピーというフードを訓練に使うと食べますが、アレルギーがあるのでこのフードは余り使いたくないのですがせっかく買ってきたたらは余り好きではないようで中々難しいです。食事に上げているお魚のフードは合うらしく便も安定して赤味も消えてきました。元々シャイな性格ですのでリードの引き方を少し変えています。それでも、全くリードが使えなかった時に比べると随分慣れてきたように思います。リードが使えるようになって来たのと一応、おやつも安定して食べるようになったので訓練への道筋が付き始めました。それにしても、たらのおやつをペッと口から出すのはやめて欲しかったなぁ(笑)

2012/09/28 (Fri) 19:11
元気な、キャンディ。


先日の競技会では、初等科に初出場したセントバーナードのキャンディちゃん。キャンディは、意欲がとてもあり訓練に向いています。とても、大きいですが動きも機敏です。今は、中等科の訓練と今日から足跡追及の訓練を始めました。来年には警察犬の試験を受けようと思っています。キャンディと一緒にいて気をつけなけばいけないことは、足を踏まれないようにする事です。足を踏まれる事自体は何でも無いことなのですが歩いている時に踏まれてうっかりそのまま踏まれている足を踏み出してしまうとキャンディの体重が重いので踏まれた足が外れず筋を伸ばしてしまうのです。他の子でしたら何も気にせず踏まれた足を踏み出してもさっと外れるので何も問題は起こらないのですが(笑)本当に危ないんですよ!特に訓練中、一緒に歩いていてくるりと方向転換をする時が絡むので一番危険です(笑)それなので最近は、小刻みに足を動かし踏まれないようにしています。横に付いて歩く脚側行進も非常に良くピッタリと付いて歩き、良い感じです。ボール投げも大好きで毎日運動をしています。でも、ダブチャンとのボール投げの時はダブは良く転んでいましたが、キャンディは、しっかりと大地を捉え転びません。それなので、キャンディを見て初めてダブは本当に体質が緩かったのだなぁと今頃感じます。それで巨大食道症に繋がったのかなとも感じます。今でも、まだ錯覚でキャンディの体調に気を使う時がありますが直ぐにキャンディは何でもないのだから大丈夫だったのだと思いなおします。先日も、大会の会場でダブチャンと間違えられました。そうですよね、他の方が見ると私が連れていたダブとキャンディが違う子だとは思いませんよね(笑)少し切なく、楽しい大会でした。また、競技会に出られて信じられない気持ちと嬉しい気持ちで一杯でした!来年は、中等科に出場します!何だか色々忙しいけれど楽しく頑張ろうね!キャンディ☆

2012/09/28 (Fri) 18:52
リョンくんが来ました。

120922_130541.jpg
先日お泊りに来てくれたシェパードのリョンくん。もう、5歳になります。口周りにも少し白い毛が出てきて風格が出てきました。写真は運動中に撮った物ですが自分で、立止のポーズをとっています。体形の綺麗なシェパードは、立った時に自然に綺麗な形で止まるのだと聞いたことがあります。少し後ろ足が開いてしまっていますが相変わらず、バランスの良い綺麗な子です。又来てね~!

2012/09/27 (Thu) 21:17
メロンの憂鬱。

120907_122908.jpg
先日の競技会では、成績を残せなかったメロンちゃん。夏休みでしばらくお家に帰っていたのですがメロンは、利口なので飼い主さんと毎日遊んでもらううちに所々癖が付いてしまいました。メロンは、こうしたらこうなるという事を理解するのが速くまた、勝手に(笑)思い込むので利口過ぎて少し難しい所もあります。呼び戻した時に正面で綺麗に真っ直ぐに座ってその後人の左側に付くようになっていてこれは、とても自慢できる出来だったのですがこれが、曲がって座ってしまうように覚えてしまい今大会でも曲がってしまったのと、伏せで足を崩すようになりました。メロンは、本当に綺麗に動く子でしたので結構ショックだったのですが飼い主さんも気を落とされ東京の大会で頑張ろうと思っています。もう、修正が出来ない位曲がるので直接人の左側に付いて座る方法に変更しました。東京の大会まで1ヶ月と少しでこの短期間に方法を変える事への不安がありましたが覚えてきていますので不安は消えました。伏せは、練習して行くしかないので気をつけて崩さないように訓練しています。11月の東京の大会までお預かりするので大丈夫だと思います。私自身も、メロンは癖も無く訓練が綺麗に入った自慢の子(笑)でしたので当初ショックで少し気落ちしましたが今は、東京では、必ず決勝に残り出来れば理事長賞を獲りたいと真剣に思っています。きっと、メロンなら大丈夫。実力は十分にありますので頑張ります!バリバリのメロンちゃん一緒に頑張ろうね!

2012/09/26 (Wed) 20:25
北海道犬の翔ちゃんが来てくれました。

120919_172822.jpg
1週間ほどお泊りに来てくれていた北海道犬の翔ちゃん。変わりなく元気で訓練も良く覚えていて、私の事は怖いようです(笑)生後3ヶ月のまだ小さな子犬の時に訓練にお預かりして、たった3ヶ月でとても反抗的でしたので(笑)厳しい訓練になりましたが3ヶ月でしたのでその頃の事をしっかりと覚えているのでしょう。本当に子犬の頃のパピートレーニングは、一番効果的で重要だと思います。特に、北海道犬のように強い犬種は怖い思い出が無いと歯止めが利かなくなると思います。今では、小さな女の子が沢山いるご家庭でも皆と仲良く家族の一員として過ごしています。私の事も怖いようですが、べったりとくっつきます(・_・;)いつまでも、変わらない翔ちゃんでいてね!

2012/09/24 (Mon) 20:22
ゆっくり行こう、ブランちゃん。

120912_141725.jpg
訓練にお預かりして2週間が過ぎたブランちゃん。お預かりした日、飼い主さんと一緒に来たブランちゃんはそれ程怖がりの性格には見えませんでした。でも、飼い主さんとのお話の中で怖がりなのだという事を聞いていました。例えば、お散歩中に猫を見ると、、とおっしゃるので私は猫の方へ行こうと引っ張るのですね!とお伺いすると“いえ、後ずさりするのです。”と。。手に何か違う物を持っているととおっしゃるので、それにじゃれ付こうと興奮するのですね!とお伺いしようとすると、怖がって後ずさりするのです。と言われていました。お散歩中は引っ張りますか?とお伺いするといえ、後ろから付いてきますが帰り道は早く帰ろうと引張り気味ですとおっしゃっていました。ドッグランでも他の子が近づくのが怖いようだと言われていました。その後、ブランと毎日過ごしていますが思っていた以上に訓練用語で言うとシャイで、色々な物が怖いようです。。一日に何度も短時間にして小分けに訓練をしようと連れ出しますが、大体、逃げ腰で訓練しようとしてもリードを殆ど使えません。こういう子は、最初にリードを引いてしまうと後々までリードに対して嫌な感じが残り距離を取ってしまいます。この写真は、少し前の物でお預かりの時に身体の所々に赤みがありましたのでアレルギーがあると思うと飼い主さんにお伝えして食事を、私の老犬のシェパードに使っている魚で出来たフードに変えて頂きました。この写真を見ると今は足先や耳先などの赤みが随分薄れてきているのでやはりアレルギーだったのだと感じます。そして、訓練の時にも無添加のささみの干したものやたらを干したものを使っていてブランは色々大変だねと話しかけながら笑っています。この、おやつは最近外で食べるようになってきて私の手から奪い取るように(笑)さっと持って2,3歩離れて食べます(・_・;)ブランを触っているときには寄り添って来て良い感じなのですが、何かしようとするとまだ警戒します。先日も、少し気分が高揚しているような明るい態度でしたので少し慣れてきたなと私もブランちゃん、イエーイとおどけて見せると“それは、ちょっと怖かった”といわんばかりに尻尾を丸めて逃げようとしまして。。。ごめん、ブランこれは怖かったんだねとそっと身体をなでておきました(笑)飼い主さんに先日お電話をして出来るだけ3ヶ月で訓練を終わらせるように頑張ってみますが1ヶ月伸びるかもしれないとお伝えしました。。この子は、非常に難しい訓練になると思いますが展覧会系のシェパードではもっと凄くシャイな子もいましたので今までの経験を思い出し創意工夫で良い方向に導いていこうと思っています。長い道のりになると思いますが、ブランに合った訓練方法で出来るだけ早く訓練への道筋を付けてブランとの訓練がかみ合うようにしたいと思います。歯車が合いまわり始めると早いのですが。。明日も、コツコツ頑張ろうね!ブランちゃん!

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE