プロフィール

ライズドッグスクール

Author:ライズドッグスクール
JKC,PD公認訓練士

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2012/01/31 (Tue) 21:29
明るい北海道犬の翔ちゃん。


通学で通って来てくれている北海道犬の男の子翔ちゃん。
前回の記事は私が眠い中書いた為、翔ちゃんが反抗するので通学しているような感じに書いてしまっていますが(・_・;)後から何か変な書きかたしたなぁと思っていました(・_・;)飼い主さんは小さな女の子が沢山居る家庭で北海道犬のオスを飼っているという事をしっかりと認識されていて性格の強い部分が出ないように少しでも翔ちゃんに何か異変があるとすぐに連れて来られたり相談されているだけで小さい頃からの訓練の甲斐があり皆に唸ったり噛もうとしたりなどと言う事は全くなく常に飼い主さんに服従しているのが分かります。飼い主さんはいつも翔ちゃんに気を配られているので少しでも反抗心が出てくると気づかれるのでその度にすぐに芽を摘む事ができます。翔ちゃんの場合は、かすかに(笑)口びるが上がるのが反抗心が出てきた目印です。でも、本当に良く言う事を聞き人の横にピッタリとくっついて歩きチン芸から何から色々と覚えます。女の子にも優しく、とても懐いています。春には、女の子が翔ちゃんと一緒に競技会に出る予定です。
通学の送り迎えの時に車から抱っこされて降ろされる北海道犬の牡の翔ちゃんは、何だか不思議でほのぼのとしています。翔ちゃん、いつまでもそのままでいてね☆

2012/01/30 (Mon) 23:23
久しぶりです。ニッパーちゃん。


以前に、訓練でお預かりしていたシェパードの女の子ニッパーちゃん。
写真にまた、手が写ってしまい(・_・;)修正してみました(・_・;)
冬の間、お仕事や、除雪などお忙しくてニッパーのお留守番の時間が多くなるので訓練の復習も兼ねて1ヶ月お預かりする事になりました。
この子は、超(笑)有名な犬舎の出身で外産(ドイツなど外国の犬)の血統が沢山入っているので色や雰囲気が本当の外産の子のようです。
兄妹は、本州で展覧会で活躍している事と思います。性格も良く、素直で訓練も良く入り家庭で飼い易い子です。この子は、小さい頃からそうですが顔は女の子らしい可愛い顔をしているのですが声が何故か低いのです。見た目とのギャップがありエッと思いますがそれも個性なので面白いと思います。
これから、一ヶ月間のんびりとした田舎で訓練に運動に沢山の思い出を作って帰ろうね!

2012/01/28 (Sat) 20:05
元気な、しんのすけ。


冬に入っても元気一杯のしんのすけ君。
訓練もボールもとても好きで、意欲的に動きます。
当初お預かりした頃は、年齢のせいか痩せていた為なのかトイレの時など片足を上げるとふらついたりしていましたが、今はとてもしっかりとしています。筋肉も付いたのでしょう。お預かり前は、とても偏食だったらしいのでそのせいか線の細い体つきをしていました。今は、しっかりと体重も増えふらつく事もありません。偏食だったせいか目やにが結構出ていたのですが今は澄んだ目をしています。ただ、一つしんのすけにとって悲しい事は私がカットをすることでしょう(笑)結構ガタガタになる所などがあり難しいですが、しんのすけには見えないので(・_・;)我慢してもらっています(笑)最近は目つきも穏やかになり訓練の成果かなと思います。早く暖かくなると良いねしんのすけ君。

2012/01/25 (Wed) 21:52
お転婆盛りのキャンディちゃん。

120121_113059.jpg
日に日に大きくなるセントバーナードのキャンディちゃん。お転婆ぶりも激しくなり、走るわ跳ねるわ転ぶわ物を噛むわ、、、そして眠る。この繰り返しを一日中しています(笑)転び方も、ダブチャンにそっくりでグシャァーっとダイナミックに転びますが体質が柔らかいので平気です。飼い主さんはダブチャンが体質が柔らかくそのせいではありませんが巨大食道症などがあったために当初、スムースと言われる短毛の方を希望されましたがダブチャンが天国に行った日に飼い主さんがダブチャンの被毛の手触りを今でも覚えているとおっしゃっていて見た目にも短毛の方とダブチャンの長毛では違った感じなので、私が長毛をお勧めして長毛のキャンディが来ました。短毛よりも長毛の方が筋肉が柔らかいので体質が緩くなるそうです。でも、キャンディは元気一杯で不安はありません。キャンディだけではありませんが皆、食後にげっぷをするとヨシッと思ってしまいます。何故かと言うと、ダブチャンは巨大食道症だったために胃まで食物が送られずげっぷが出なかったのです。首にベルトを巻くようになってからげっぷが出るようになり食物が落ちているのだと確認できました。それなので、今でも皆他の子でも食後にげっぷをすると安心します(笑)今思うと巨大食道症のダブチャンが好きだったのかも知れないとさえ思えます。手はかかるかもしれませんが、何かと介護をするのは楽しかったと思います。子供の頃は色々な動物を飼い鳥かごの掃除や増え続けるハムスターの世話やモルモットの世話やうさぎに、ピラニア、、、これは余り可愛くなかったです。。。餌が生きた赤虫といってミミズのようなもので凄い苦痛でした(笑)とにかく、キャンディはとても元気で訓練所内に生えているアジサイが気になるらしくその前を通ると必ず噛み付いて引っ張っています(・_・;)お転婆振りが凄いので、パピートレーニングを始めました。小さい頃から少しトレーニングをしているととてもスムーズに訓練できるのでキャンディが今訓練所に居るので良かったです。何にでも興味津々の120121_113328.jpg
キャンディ、明日も何が起こるかな?

2012/01/24 (Tue) 21:21
独自の雰囲気で進んでいます(笑)


訓練にお預かりしている、シーズーのゆうき君。
皆そうですが、訓練を始めたばかりで集中力が無くどちらへ引くか分からない状態を軌道に乗せるまでが大変なのですがゆうき君は軌道に乗り順調に訓練が進み始めています。独自の雰囲気を持つシーズーですがその犬種のそれぞれの動きというものがありますので動きが遅いとかそういう事ではなく良い所が出ていれば良いのです。
一昨年も、セントバーナードのダブチャンを競技会に出した時に審査員に犬種の良い所が出ていればゆっくりでも良いのですよと言われました。超大型犬にパピヨンのような切れのある動きを要求するのは構造的に無理ですから(笑)ゆうきはゆうきの持つ良い所が引き出せて来ているので良いと思います。
シーズーのゆうきは鼻が引っ込んでいるため目と鼻の間に皺が寄り密着していていつも、お手入れをしていないと蒸れて皮膚炎を起こします。それに、その皺が目の下の被毛を押し上げ目の中に入ったりするので涙が出ます。それなので、その被毛も切ります。ゆうきにとって鼻の辺りが少々、大変ですが(笑)独自の雰囲気で元気一杯がんばっています。明日もまたがんばろうね~

2012/01/22 (Sun) 22:29
張り切り娘のメロンちゃん。

120118_131952.jpg
冬場も月に数日お預かりして訓練を続けているゴールデンのお転婆女の子メロンちゃん。
今は、物品持来(ダンベルを持ってくる)と障害飛越(ジャンプ)と警察犬の選別の訓練をしています。
今年は、試験が上手く行くと良いなぁと思っています。
とにかく、冬でも夏でも元気一杯のメロンちゃんです。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE