プロフィール

ライズドッグスクール

Author:ライズドッグスクール
JKC,PD公認訓練士

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2011/06/28 (Tue) 21:43
本当に、暑いわぁ~ダブちゃん!


最近、少しずつ気温が上がり始めているのでダブちゃんは涼しいところへ移動します。
扇風機から風が来ることが分かり始めたようで自分で扇風機に当たっています(笑)
食欲が落ちてきていますが、どうにかこうにか食べさせています。
ダブちゃんの食欲に任せていると暑くて食べない日が続き、痩せてしまい身体が大きいのでもたなくなってしまうのでがんばって食べさせています。
少量で栄養が獲れる様に消化が良く、高たんぱくな子犬用のフードを上げています。
以前に比べて、がんばって食べさせている甲斐があり状態が戻って太ってきました!
又以前のような立派なダブチャンに戻れるよう色々と工夫しています(笑)
変わらない元気なダブチャンを見ているときっと、いつか巨大食道症も無くなって行く様な気がします。
明日も、のんびり行こうね~

2011/06/24 (Fri) 22:56
大興奮ラズちゃん。


ベリーの子のラズちゃん、7月の大会に向け引き続き訓練をしています。
6月の大会で初等科1席で、7月には中等科に挑戦します。
何しろラズちゃんは、何かしたくてしょうがないのです。
特に歩く足の間を潜り抜ける又くぐり歩きでは大興奮で物凄く速いスピードで右や左にすり抜けてくるので私も素早く足を動かさないと詰まってしまいます。とても、緊張します。
何だか、潜り抜ける事にとてつもない意欲を見せ最後に座り終了した時にはもう、エベレストにでも登ったかのような満足げな顔をしています(笑)
私は、詰まらないように必死に短い足を動かして歩いているのにかたやラズは、楽しくてしょうがなく、終わった時には本当に満足した顔をしていますが、私は何だか必死で損したような気分になります(笑)
7月には、ベリー一家揃って上位にいけると良いなぁと思っています。
一番心配なのは母さんのベリーですが(笑)
とにもかくにも、ラズちゃんの大興奮は続くのです。。。

2011/06/20 (Mon) 22:28
暑いわぁ~。ダブちゃん!


やっと、晴れが続き季節に応じた気温になってきたここ最近ですが、セントバーナードのダブちゃんにとっては暑い季節がやってきました。
息をするだけで熱量が増え暑そうなので、外からは見えないようにお腹の被毛を剃りました。
少し涼しくなったかなと思っていたら窓から入る爽やかな風に向けてお腹を広げ熟睡していました(笑)
巨大食道症もなんのその、全く普通の生活をし不思議に(笑)元気に過ごしています。
でも、余り暑さで呼吸が速くなるとやはり逆流してくるのでかなり気をつけています。
それにしても、ダブちゃんちゃっかりしているなぁ~
いつも、のんびりマイペースの可愛い姿を見せてくれて有難う。

2011/06/18 (Sat) 20:26
久しぶり!エアデールのラッキー君。

110617_184123.jpg
昨年、4ヶ月ほど訓練でお預かりしたエアデールテリアのラッキー君がまた来てくれました!
今回は1ヶ月ほどのお預かりなので訓練を復習する事になりました。
昨年は、少し突っ張り気味の性格でしたが去勢をした事も影響しているのか少し角が取れたように(笑)思います。
甘えん坊の所は以前と変わらず、訓練も覚えています。
また、元気にがんばろうね~

2011/06/16 (Thu) 21:29
帰ってきたアトムⅡ


6月の上旬に再びお預かりしたゴールデンのアトム君。
顔も少しだけオスらしくなり、元気一杯です。
アトム君は服従の訓練と平行しながら、警察犬の訓練をする事になりました。
今は、追及の訓練をしています。
私が思っていたよりずっと追及に向いているようで丁寧に地面の臭いを嗅いでいます。
とても、順調なのでこのまま上手く進むと良いなと思っています。
お家ではアトム君はギャングと呼ばれているそうで、、、お庭の花などを全滅させてしまったようです。。。
アトム君、余り家と学校での態度を変えると嫌われるよ~(涙)

2011/06/13 (Mon) 21:42
毎日元気なダブちゃん。

110524_130630.jpg
巨大食道症と診断され、早半年が過ぎましたがダブちゃんは食事も誤嚥する事無くお水も沢山飲み毎日とても元気に過ごしています。
競技会も終わり一旦小休止といったところですが今月の末に今度は警察犬の毎年更新の試験があるのです。
今回、競技会で皆練習を重ねて行ったので本番ではそれが故にミスしたくないという気持ちが強くかなり緊張していました。でも、そんな時見習い時代に培った潔さが救ってくれます。

私は、訓練所に見習いとして7年間いたのですが入所してすぐに競技会でとても感動しあんな風になりたいと日々訓練していて大会にも出してもらっていたのですが全く泣かず飛ばずといった感じで何となく上位には行くのですが、1席や2席など表彰台には乗れませんでした。
私の師匠が、横浜の有名な訓練の神様と言われている訓練士さんが私が訓練所で訓練しているのを見てあの子は訓練が伸びるだろうと言っていたと聞かされ凄く嬉しかったのですが、やはり1席にはなれない日々が続いていました。
出場してはミスが出て練習どおりに行かない犬達を把握できない。。そうこうしているうちに6年という歳月が流れていました。
大会の度にいつも上位へ行く人の競技を見ていましたが、完璧でそれはとてつもなく遠い事のように思えました。
ある大会の日、またいつものように失敗して中の下くらいの成績でしょんぼりしながら又上手な人の競技を穴が開く位見ていました。
すると、紐無しで競技しているときに今まで気づかなかった犬と訓練士の間に見えないリード(紐)のようなものが見えたのです。
紐が無いのに紐があるみたい。。。
それで、漠然と自分の訓練に足りないものが分かったような気がしました。
どんな場所でも、同じように動けるようにする事ーーー。
そして、その事を実践するにはとても勇気が要りました。
今まで、犬達が飽きないように盛り上げて惹きつけて上位の訓練士さんのように動かそうと努力してきました。
でも、それだけでは上手く行かない、気づいた事を実践するには今までの訓練を180度変える方法でした。
(その時はそう思いました。)誰も、その事が上手く行くと提案してくれたわけではなく自分でそう思っただけ。。。もし、それを実践して犬達の気持ちが離れてしまったら。。
とても、怖かったです。6年間もその方法で訓練してきたのですから。
そんな時、思いました。どちみち今迄勝てなかったじゃないか、どちらにしても成績は残せない慣れた場所でしか犬達は動かない。
どっちに転んでも駄目なんだからやってみよう!と急に潔く思えたのです。
そして、恐怖と戦いながら(笑)毎日自分なりに自分の足りないと思えた事を実践しました。
これで、駄目ならもう辞めよう。。。そう思っていました。

一年後、400頭程集まる本部競技会で初等科から大学科まで5クラスある内の4クラスに1席を、その他服従作業のクラスで1席を、当時あった国家公安委員長賞、理事長賞両方を頂きました。

表彰式の時、何度もトロフィーを受け取りカメラのフラッシュを浴び同僚の元へ戻った時あの怖い師匠が泣いていました(笑)

とても、ドジで皆に付いて行くのがやっとの私でしたがあの時潔く踏み切らなければ今頃訓練士を辞めていたでしょう。
それなので、今でも競技会でとても緊張して震え一歩も足が前へ出ないように思える時も“ここまでやる事は全てやったのだから、もう思い切ってやろう”と開き直る事が出来、犬達にもそれが伝わりゆったりと練習してきた事を出せるようになりました。

人生、潔く行く事も大事なのだなぁとあの頃の経験から思います。
これからも、やる事は日々努力し後は天に任せてなるようになれ!と生きて行こうと思います(笑)
お預かりしている犬達も最大限の能力を引き出せるようにがんばります!結構ドジですが。。。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE