プロフィール

ライズドッグスクール

Author:ライズドッグスクール
JKC,PD公認訓練士

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2010/12/29 (Wed) 21:51
固まったガイア。

Image1298.jpg
通学で毎日通って来てくれているベリーの子のガイア君。
最近は雄らしい風貌が強くなり、とても落ち着いてきました。
訓練の後にボール投げをして運動をするのですが、持久力があるのと手で投げてもそれ程長い距離を投げられないのでガイアはすぐに追いついてしまい今一、盛り上がりに欠けるなぁと思っていたところふと、そういえばボールを遠くに飛ばす道具があったはずだと思い出しガイアにマテの指示をかけてその道具を探しに行きました。
その道具とは棒の先にボールを挟み振り回すと、てこの原理で遠くへ飛んでいくというもので、それを見つけガイアの元に戻りました。
するとガイアは“何だか、長い棒のような危なっかしいものを持ってきたぞ?”と不審そうにしていました。
そこで、私はさぁガイア良い物持って来たよ。よぉしこれで遠くまでボールを飛ばすからね!それっ!とその道具を振り回しました。
すると、バシッ?という音がしました。。。
ボールが上手く棒から抜けなくて正面に座っていたガイアの足元の地面に向かってボールがたたき付けられたのです。。
ガイアは、亀のように固まっていました。。。
その、表情は“ほらぁやっぱりなぁ、何だか嫌な予感がしたんだよー。”と言っているようでした(・_・;)
ごめんね~ガイアと言い、一人で数回ボールを飛ばす練習をしてから再開し今度は上手く遠くへ飛ぶようになりガイアもその道具を見ると喜ぶようになり随分走る距離が伸びました!
その後、古くなっていたその道具は壊れたので新しく注文したらとても短いものが届き、とても使いやすいのです。きっと皆同じ思いをしたので改良されたのですね。
ガイアこれからはもっと沢山走れるからね!(笑)

2010/12/26 (Sun) 22:09
ちゃっかりラズ。


毎日、通学で通って来てくれているベリーの子でガイアとテイルの兄妹ラズちゃん。
とても、明るい性格で誰を見てもキューンと鳴いて甘えます。
先日、訓練を終えボール投げをして運動をしたのですがその日は朝から雪が降りラズの顔に雪が付いていました。
ラズは持久力があり結構長くボール投げをしないと足りないようです。
そして、運動を終えたところでお客さんに声をかけられ少し話をしていると何だか足元がモゾモゾするのです。
何だろうと足元を見てみると何と!ラズ、自分の顔に付いた雪を私のズボンで拭いているではありませんか!
何とまぁちゃっかり娘なのだろうと驚きました。
ラズは本当に面白い子です(笑)
いつも、明るくウキウキしていますが訓練は順調でとても素直です。
次は何をしてくれるのかなぁ~
※ホームページの成績の欄を更新しました! 今年も皆がんばりました!!

2010/12/25 (Sat) 20:12
本気の戦い、ジャック。


来年の警察犬試験に向けて訓練に励んでいるシェパードのオスジャック君。
午前中に選別を午後から追及の訓練をしています。
今日は顔が痛いような寒さでした。私が追及の訓練を始めると何故かお天気が悪くなるのです。
近所の方にいつも吹雪の中で訓練しているねと言われます(笑)
今日、選別作業の訓練でジャックは他人臭を嗅ぎ分けました!
ジャックは、訓練犬の血統で意欲がとても強く能力もとても高いです。
しかし!ひとつだけネックになる問題があるのです。
お預かりした当初からなのですがふざける癖が中々抜けないのです。
お預かり当初は甘噛みが結構強くて飼い主さんと一緒に訓練をして今は甘噛みはなくなりましたが、初めて私のところに来た時も飼い主さんの指示を無視してやんちゃな顔をして飛んで走ったりしていました。。。
一週間のうちの数日、飼い主さんの自宅へ帰るので飼い主さんにジャックが節度を越えたら厳しく叱って頂く様に話し合いをしています。
最近は、訓練も順調に進んでいるのですがどうかすると余計な(笑)事をするのです。
最近は身体も大きくなりオスとして成長してきたので少し自信が出てきていたのでしょう。
今日、ふとした拍子にふざけて目に付いたもののところへ行き来いと言っても飛んで遊ぼうとしたので叱ると反抗してきました。。。
私はかなり叱りました。反抗を適当に放って置くと後でしわ寄せが行くのは飼い主さんなのです。
叱る度合いもその子によって変えないと例えばセントバーナードのダブちゃんにジャックと同じくらい叱ると潰れてしまいます。。
ジャックは、お父さんに防衛の血統が入っているのもあり能力が高くその分結構強い性格です。(誰でも触れるのできついわけではありませんが。)
叱った後は私は鼻水は出るわ汗はかくわで寒いのも忘れていましたが、成長過程ではよくあることです。
ジャックは、ペット向けというより訓練士が選ぶような競技会向けの子なのです。
その分、強くて一般の飼い主さんでは叱りきれないと思います。勿論、情もあって叱りきれない部分があるのです。
だから、訓練士に任せて頂いているのですからそこはしっかりと訓練しなければいけません。
その後飼い主さんとも一緒に訓練をして行き指示の出し方や誉め方そして、節度をつける事を一緒に訓練して行きます。
叱って誉めた訓練の後ボール投げで運動をして嬉々爛々としているジャックを見るとやはり毎日全身全霊で犬達にぶつかる事の大切さを改めて感じました。
本気で愛情を持ってぶつかればどんなに叱っても、気持ちが離れるという事はありません。
そして、その分出来たら山が噴火したように誉めるのです(笑)
私はいつも訓練は誉める事が9割で1割叱ります。
犬も私も誉められる事、誉める事が一番好きです。
明日からも又警察犬試験に向けジャックの本気の戦いは続くのです。

2010/12/21 (Tue) 21:24
おかえりテイル。

Image1209.jpg
ボーダーコリー、ベリーの子のテイル。ガイアと兄妹で一緒に訓練を続けていました。
順調に訓練は進んでいたのですがある日、股関節が外れてしまいました。
レントゲンの結果、股関節が良くないという診断で大腿骨の骨頭を削るという大手術を終え戻ってきました。
でも、テイルはとても元気で術後も痛がる様子も無く生き生きとしていたので余り動かないようにと気が気ではありませんでした(・_・;)
今は少しずつ足を地面に付けて歩くようになり、テイルは走りたくてしょうがないようです。。。
耳が聞こえないけれどビクビクすることも無く誰にでもお腹を見せて天真爛漫です。
足の手術も、何も無かったかのように逞しく生活しています。
何だか、テイルを見ていると生きるという事を教えてもらうような気がします(笑)
色々な事がおこりますが、淡々と生きるテイルに感動します。
とても、強いテイルですがきっとこの先何か特別な事をやってくれそうな予感がします

2010/12/19 (Sun) 18:57
和やかなひと時。


プライベートの写真で申し訳ないです。。。
家のチワワと猫達はとても仲良しです。
順位的には猫の方がチワワより上のようですチワワ達は猫には逆らいません。チワワは皆2キロ程ですが猫は6キロ以上あるので良く押さえつけられています。でも、猫は皆優しいです。
チワワ達はふわふわの猫が暖かいのといつも舐めてくれるので常にそばに寄り添っています。(チワワはずるいのです(笑))
この写真はラグドールのほーちゃんとチワワです。
外の訓練は寒いですが家の中ではゆったーりとした時間が流れているようです。。

続きを読む »

2010/12/17 (Fri) 19:06
雪が降りました。


先日雪が降り、少し積もりました。
今日の夕方は寒くてお散歩の後に写真を撮ったらレンズが寒さで曇ってしまいました。
ダブちゃんも寒そうな表情です。すぐにハウスへ戻りました。
ダブちゃんはとても元気でまだまだ幼さが抜けない誰からも愛される子です。
私が他の子を訓練していると必ず自分の方へ気を引こうとクルクル回ったりアクロバットのようにくにゃっとでんぐり返りをしたり色々と考えています。
とても、身体が柔らかく耳掃除をした後に耳を地面にこすりつけそのままドスンと一回転するようにお尻を地面に落とします。。
走っているときもたまに手の甲が地面について裏表が逆のようになっているときもあります。
それでも、心配にならないのは見ていても本当に身体が柔らかいと感じるからでしょう。
何事にもゆっくりな動きですが意欲的に取り組みます。
ダブちゃんは優しいですが、他の子にしてみれば大きくて怖い存在に見えるようです(笑)
初めてダブを見る子は後ずさりします。
大きいけれど、気持ちはとっても優しいダブちゃんなのです。


| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE