プロフィール

ライズドッグスクール

Author:ライズドッグスクール
JKC,PD公認訓練士

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2010/11/30 (Tue) 22:14
活発なジョニー君。


訓練でお預かりしているジャックラッセルのジョニー君。
とても、活発で元気一杯です。
性格も良くきついところが無く素直です。
いつも、ご機嫌なジョニー君ですが寒さにはめっぽう弱いようでペットヒーターの上にしっかりと座っています。
ボールを投げるとウサギのように跳ねるように走っていきます。その、後姿はとても可愛いです。
訓練もとても順調に進んでいます。

2010/11/09 (Tue) 18:58
夕暮れのダブちゃん。


体調を崩していたダブちゃんも、元気になりとても嬉しいです。
今日、お散歩に行こうと建物の外へ出たところで用事を思い出しダブに座れと待ての指示をかけて私は建物の中に戻りました。
そして、数分後外に出てみるときちんと姿勢良く指示された場所で座って待っているダブちゃんがいました。
微動だにせず座っていたので一瞬、よく玄関先に飾ってある陶器の置物のように見えました。
ダブちゃんは外とお散歩が好きですが、私もダブとのんびりとお散歩していると色々な考えが良い方向にまとまり色々と考えさせられます。
そして、ダブちゃんは皆を幸せな気持ちにさせる不思議な力を持っているのです。
ダブを見た人は皆笑顔になります。
まぁ言ってみればやる事なす事、愛嬌があって可愛らしいという事です。
明日も又お散歩が楽しみです。

続きを読む »

2010/11/08 (Mon) 13:05
愛おしいテイル。


子犬の頃から日中ずっとお預かりしているベリーの子ガイアとテイル。テイルは耳が聞こえませんが天真爛漫に育っています。
まだ、子犬の頃兄弟で遊んでいるのを微笑ましく見ていてその後、周りの子がうるさくしていてもそのすぐ側で眠っているテイルを見て少し距離感を感じて寂しい思いをしたことがありました。
そして、飼い主さんのご希望で皆と同じように訓練を希望されていたので始めてみると手で指示を出す以外は何も他の子と変わらずとても意欲的に一生懸命訓練についてくるテイルに何も違和感を感じていません。
先日、周りの皆が騒いでいる中仰向けになりてっくりかえって(笑)眠っているテイルを見てとても愛おしく思いました。
音の無い世界で自分の時間を生きているテイルはピュアでそれも又幸せな事なのでしょう。
最近はオスのガイアの方が落ち着いてきてテイルの方がお転婆でガイアは押され気味です。
明日も明後日もテイルのピュアな世界は続くのです。

2010/11/03 (Wed) 21:47
突然の嬉しい訪問。

ボビー
約、3年前に訓練でお預かりしたシェパードのオスのボビー君という子がいました。
訓練試験を受けて農家の自宅へ帰っていったのですが、毎年夏になると飼い主さんはご丁寧に桃やぶどう等果物を持っていらっしゃいます。
農家の方でいつもポツポツとゆっくりとお話をされるのですが、先日又沢山のぶどうを持って近くまで来たからと立ち寄られボビーの様子や今年から自宅で民宿を始めた事など話しておられました。
ボビーは民宿に訪れる人にも大人気で毎日リードを放して家の周りを散歩したり遊ばせたりして楽しい日々を送っていると言われていました。
そして、少し間が空き沈黙の後真っ直ぐ私の目を見て「先生に訓練してもらって感謝している」とポツリとおっしゃいました。
それが胸に響き、こみ上げて来る物があり泣きそうでした。
だから、泣きそうなのでもう帰ってくれないかなーと心の中で思いました。(笑)
飼い主さんに感謝していると言って頂いた時にはいつも最高に嬉しい気持ちで一杯になります。
そして、これからも家庭犬、警察犬の訓練を世のため人のため(随分大げさだなぁと思いますが。。。)一生懸命やって行こうと心に誓うのです。
又明日もがんばります!

2010/11/02 (Tue) 21:38
ごめんね、ダブちゃん。

試験の順番を待つダブちゃん。
8月末の警察犬協会の服従の試験と、9月中旬のJKCの公開訓練試験の中等科を受け合格したダブちゃん。
秋になる頃、日中とても暑かったのに夕方にガクッと気温が下がった日がありました。
そして、翌日の朝ダブちゃんの表情を見て具合が悪いのだとすぐに感じいつもの獣医さんはお休みで、往診の獣医さんを急遽お願いしたのですが、処方されたお薬が極端に少なかったのと種類も少し、違ったようで…状態は悪化しやっといつもの獣医さんに診て頂きすぐに良くなり今はほぼ平常の状態に戻りました。
気温が下がったのに、配慮が足りなかったのだと反省していました。
いつもの獣医さんに見て頂くまでは、お薬を服用しても全く良くならず、心配で気が参りそうでした。
余りにその事ばかり考えて大変なので、とりあえず何時までは考えるのはやめようと決めて、そうしながら快方に向かうまでしのぎました。
お薬の種類と量をいつもの先生がきちんとして下さったら次の日からてきめんに効き、物凄く安心しました。
犬達の体調が悪くなり、それが良い方に向かうのかどうなるのか分からないという状態のときが一番精神的にしんどいです。
でも、ダブちゃんにお薬を飲ませるときに上手く口の真ん中に行かず噛ませてしまうと“ニガイ”という顔をするのです。その顔が、今まで見たことの無い本当に“ニガイ”という顔で可愛くて。。。(体調が悪いのにごめんね可愛いなんて。。。)
これからは、もっともっと犬達の周りの事に気を配り配慮を欠かさないようにして健康で毎日楽しく訓練できるように気を配ります。。。
元気になって明るい表情が戻ったダブちゃんと又大学科を目指してがんばります!

| ホーム |

 BLOG TOP